• 日本文化研究班


1

2009年12月19日

『清風与平とその周辺-文人趣味と明治陶磁器』展開催 (前崎)

PD前崎です。

Seifu_Yohei.jpg

イギリス、バースの東亜藝術博物館(Museum of East Asian Art)で、企画展 『清風与平とその周辺-文人趣味と明治陶磁器』展が12月19日より開催されます。

 『清風与平とその周辺-文人趣味と明治陶磁器』展

会場 東亜藝術博物館(イギリス、バース)
会期 2009年12月19日-2010年4月25日

在外日本陶磁器データベース化プロジェクトの一環として、本展覧会のウェブサイトを作成・公開しました。上のバナーをクリックしてください。

2009年12月18日

じんもんこん2009において日本文化研究班より発表しました(岡本)

2009年12月18日・19日に立命館大学びわこ・くさつキャンパスで、「人文科学とコンピュータシンポジウム(じんもんこん2009)」が開催され、日本文化研究班からは岡本隆明が、

「デジタル画像資料を利用した文献研究に必要な環境について」

のタイトルで発表をしました。

続きを読む>>

2009年12月17日

「近世春本・春画とそのコンテクスト展」Web展示開催

「近世春本・春画とそのコンテクスト展」Web展示を開始しました。
以下のサイトから御覧下さい。

http://www.dh-jac.net/db12/shunga/index.html

 

2009年12月13日

平成21年度歌舞伎学会秋季大会において日本文化研究班より3名が発表(大西・周・加茂)

2009年12月12・13日に鶴見大学において「平成21年度歌舞伎学会秋季大会」が開催されました。
発表者と発表タイトルは以下の通りです。

加茂 瑞穂
「『妹背山婦女庭訓』お三輪の衣裳に見られる変遷と現行衣裳の出自」
周 萍 
「累からお岩へ」
大西 秀紀
「新派SPレコード・ディスコグラフィから見えるもの」
(発表順)
 

 

続きを読む>>

2009年12月 4日

「近世春本・春画とそのコンテクスト」シンポジウム開催

12月4、5日の2日間にわたり、「近世春本・春画とそのコンテクスト」シンポジウムが開催しました。
発表者に国内外の浮世絵研究者や近世文学研究者を迎え、16の研究発表と2つのパネルディスカッションを行いました。
様々な視点から春本・春画研究の可能性を探り、今後の研究の課題と展望を提示しました。
2日間で約100名の参加者が聴講し、盛況のうちに終了しました。

シンポジウムの詳細については以下のサイトをご参照下さい。
http://www.arc.ritsumei.ac.jp/symposium/091204/about_symposium.html
 

2009年12月 4日

「近世春本・春画とそのコンテクスト」に関する新聞記事

2009年11月24日~12月18日から開催している「近世春本・春画とそのコンテクスト」展覧会および12月4、5日のシンポジウムが12月4日付京都新聞で紹介されました。

以下のサイトから記事を閲覧出来ます。

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009120400197&genre=G1&area=K1A

2009年12月 1日

国立台湾大学で開催された 2009數位典藏與數位人文國際研討會 で日本文化研究班の3名が発表をしました

発表者と発表タイトルは以下です。
 
口頭発表
 
岡本隆明 
訓點本管理系統:基於文圖連結的日本史料與宗教文獻標注解釋資料庫
'Kunten Management System - Explanation Marks Database on Japanese Historical and Religious Documents, Based on Text-image Linkage'
 
前崎信也 
西方典藏之日本陶器數位資料庫建置
'Creating a Digital Database of Japanese Ceramics in Western Collections'
 
ポスター発表
 
楠井清文
日據韓國的日本雜誌庫建置
'Construction of a Database of Japanese Literary Magazines Published in Japan-ruled Korea'
 

1




  • 最近のエントリー

  • アーカイブ


新拠点セミナー
GCOEセミナーディスカッション
GCOE運営活動と記録
世界と日本・DH研究の動向
E-journal
21世紀COE成果サイト
研究班紹介動画
リンク集