ARCの紹介
  1. HOME
  2. 研究活動
  3. 日本文化資源デジタル・アーカイブ研究拠点
  4. 2017年度共同研究採択課題

2017年度共同研究採択課題

A. テーマ設定型
No.テーマNo.研究課題名/研究代表者所属・職名・氏名/概要(研究課題名をクリックすると表示)
1 欧米の日本美術品のデジタル・アーカイブによるWEB版総合目録構築
Making WEB Union Catalogue of the Japanese arts in Europe and U.S.A
メトロポリタン美術館・アシスタントキュレーター  Monika BINCSIK
B. 個別テーマ型
No.研究課題名/研究代表者所属・職名・氏名/概要(研究課題名をクリックすると表示)
1 祇園祭に関連する映像資料のデジタル・アーカイブとデータベース構築に関する総合的研究
A comprehensive study on digital archive and database creation of video and picture materials related to Gion festival
頴川美術館 学芸員  八反 裕太郎
2 近世近代期京都の地誌・案内記を対象としたデジタルアトラスの構築
Construction of a Digital Atlas of Topographic Documents and Guidebooks in the Early Modern Period and Modern Period of Kyoto
徳島大学大学院総合科学研究部 准教授  塚本 章宏
3 京都を起点とした染色技術及びデザインのグローバルな展開に関する研究
Research of Kyoto-based Global Development of Printing Techniques and Designs
日本学術振興会 RPD  加茂 瑞穂
4 演劇上演記録データベースを活用した、演劇資料画像検索閲覧システムの構築に関る研究
公益財団法人松竹大谷図書館 主任司書  武藤 祥子
5 ARCデータベースを利用した博物館アーカイブスの整理および情報公開に関する研究
大英博物館 アジア部日本セクション長  Timothy CLARK
6 Archiving and Utilization of Japanese Performing Arts Materials on GloPAD(Global Performing Arts Database)and JPARC(Japanese Performing Arts Resource Center)
Associate Professor, Department chair, Department of East Asian Languages and Cultural Studies, University of California at Santa Barbara Katherine SALTZMAN-LI
7 ARC古典籍データベースを利用した近世版本における「版(edition)」の変遷に関する研究
ロンドン大学SOAS リサーチアシスタント  松葉 涼子
8 金字経の単一画像超解像による解析とデータベースの構築; 立命館大学アート・リサーチセンター所蔵藤井永観文庫を中心として
An Analysis and a Database Construction of Old Japanese Golden Manuscripts of Buddhist Scriptures using Single Image Super-resolution ; Focusing on the Fujii Eikan Bunko Collection stored by the Art Research Center
岡山大学大学院自然科学研究科 講師  相田 敏明
9 近代から戦後京都における「都市整備」の「京町家の暮らし」への影響に関する研究
Study on effects of urban improvement on livelihood in Kyo-machiya in the modern and postwar Kyoto
関西学院大学総合政策学部 契約助手  高橋 彰
10 芳賀矢一『日本人名辞典』からの歴史人物情報の抽出および情報構造化
Extracting Personal Information of Historical Persons from "Nihon Jinmei JIten" and Creating Structured Data
尾道市立大学 経済情報学部 講師  木村 文則
11 浮世絵と絵本・絵入り本にみる近世画題研究
アート・リサーチセンター 客員協力研究員  中村 惠美
12 歌舞伎デジタル博物館構築(韓国語)
Development of Kabuki digital Museum(KOREAN)
高麗大学校 GLOBAL 日本研究院 研究教授  片 龍雨
C. 研究設備・資源活用型
No.研究課題名/研究代表者所属・職名・氏名/概要(研究課題名をクリックすると表示)
1 18世紀の上方・江戸における出版と都市文化の関連性
The Relationship Between Publication and Urban Culture on Kamigata and Edo in 18 Century
国際日本文化研究センター・特任助教 石上 阿希
2 役者絵の考証
Historical investigation of the picture of a kabuki actor
早稲田大學演劇博物館 招聘研究員  桑原 博行
3 RCGS-OPACの開発を通じたゲームメタデータの研究
Research on videogame metadata through development of RCGS-OPAC
立命館大学ゲーム研究センター センター長  上村 雅之
4 Database of Kamigata-e: Osaka Prints Research Group
Independent Researcher  John FIORILLO
5 都市の地面の平面構成と歩行感覚との関係
Planar Composition and Walking Experience of Urban Ground
京都大学学際融合教育研究推進センターデザイン学ユニット・特定講師 北 雄介
6 舞鶴市糸井文庫蔵浦島伝説関連資料の基礎的研究
A basic Study on Primary Sources related to Urashima Legend in the possession of Itoi Bunko Library in Maizuru City
舞鶴工業高等専門学校 人文科学部門 准教授  畑 恵里子
7 尾上松之助・絵葉書ブロマイド・大入り袋入り・40作品、354枚のデジタル化・画像公開
尾上松之助遺品保存会 代表  松野 吉孝
8 花供養をめぐる近世後期京都俳諧の研究
A Study on Kyoto-Haikai through the 18th and 19th Centuries Concerning Hanakuyo
立命館大学・非常勤講師  竹内 千代子

→2014年度採択課題

→2015年度採択課題

→2016年度採択課題

共同研究プロジェクトの活動支援内容