ARCの紹介
  1. HOME
  2. 研究活動
  3. 日本文化資源デジタル・アーカイブ研究拠点
  4. 2015年度共同研究採択課題

2015年度共同研究採択課題

A. テーマ設定型
No.テーマNo.研究課題名/研究代表者所属・職名・氏名/概要(研究課題名をクリックすると表示)
1 京都盆地を対象にした文化資源デジタル・コンテンツの利活用と流通を促進するプラットフォーム構築
Promoting utilization and circulation of Japanese cultural digital resources based on Virtual Kyoto
凸版印刷株式会社 文化事業推進本部 奥窪 宏太
2 海外日本美術品・工芸品のデジタル・アーカイブとコレクション研究
Digital Archiving the Japanese arts and research the Japanese art collection in Europe and U.S.A.
メトロポリタン美術館・日本部門主任学芸員 John CARPENTER

テーマNo.
① 京都盆地にある世界文化遺産や無形文化遺産相当の文化資源を対象とする研究
③ 海外の日本文化資源収蔵機関(博物館・美術館等)の収蔵品をデジタル・アーカイブし活用する研究

B. 個別テーマ型
No.研究課題名/研究代表者所属・職名・氏名/概要(研究課題名をクリックすると表示)
1 デジタル・アーカイブ手法を用いた近代染織資料の整理と活用
Organization and Utilization of Modern Printed Textile Research Materials through the Method of Digital Archiving
京都女子大学・准教授 青木 美保子
2 浮世絵データベースシステムを応用した浮世絵の新研究
Applied approach using the ARC Ukiyo-e Database system
立命館大学 衣笠総合研究機構・客員研究員  岩切 友里子
3 近代京都の市街地の形成と建築様式・用途との関連性に関する研究
京都府立大学 大学院生命環境科学研究科・教授 大場 修
4 近世近代期京都の地誌・案内記を対象としたデジタルアトラスの構築
Construction of a Digital Atlas of Topographic Documents and Guidebooks in the Early Modern Period and Modern Period of Kyoto
徳島大学 大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部・准教授 塚本 章宏
5 東南アジアの舞踊のドキュメンテーションとデジタル・アーカイブ研究
A Study on documentation and digital archive of Southeast Asian dance
お茶の水女子大学基幹研究院・准教授 中村 美奈子
6 浮世絵技法の復元的研究のための光計測・画像解析基盤技術の創出
Development of optical imaging and analysis methods for restoration study of ukiyo-e print
京都府立医科大学 大学院医学研究科・助教 南川 丈夫
7 演劇上演記録のデータ・ベース化と活用、ならびに汎用利用システム構築に関る研究
公益財団法人 松竹大谷図書館 武藤 祥子
8 富本憲吉とバーナード・リーチ往復書簡の研究-京都市立芸術大学所蔵資料を中心に
Research on Letters Exchanged Between Tomimoto Kenkichi and Bernard Leach: Tomimoto Kenkichi Archive in the Collection of Kyoto City University of Arts
京都市立芸術大学 美術学部・准教授 森野 彰人
9 Archiving and Utilization of Japanese Performing Arts Materials on GloPAD(Global Performing Arts Database)and JPARC(Japanese Performing Arts Resource Center)
Associate Professor, University of California at Santa Barbara Katherine SALTZMAN-LI
10 中世語彙画像対照データベースの構築に関する基礎研究
A Research on the Construction of a Database on Medieval Vocabulary and Its Visual Presentation
カルガリー大学・教授 X. Jie YANG
C. 研究資源活用型
No.研究課題名/研究代表者所属・職名・氏名/概要(研究課題名をクリックすると表示)
1 花供養をめぐる近世後期京都俳諧の研究
立命館大学・非常勤講師 竹内 千代子
2 役者絵の考証
Historical investigation of the picture of a kabuki actor
早稲田大学演劇博物館・招聘研究員 桑原 博行
3 上方浮世絵の研究
The study of Osaka prints
上方浮世絵館・館長 高野 征子
4 研究・テレビ文化研究ほか多分野での研究利用を想定。各研究者が研究課題を設定。
京都精華大学学術振興課・課員 桐山 吉生
5 都市の地面の平面構成に関する基礎的研究
Basic Study on Planar Composition of Urban Ground
京都大学学際融合教育研究推進センターデザイン学ユニット・特定助教 北 雄介
6 18世紀の上方・江戸における出版と都市文化の関連性
The Relationship Between Publication and Urban Culture on Kamigata and Edo in 18 Century
国際日本文化研究センター・特任助教 石上 阿希
7 過去の山鉾巡行の記憶アーカイブ
Archive of memory about the past Yamahoko Parade in Gion festival
株式会社クボタ教育センター 竹田 克久
8 大縮尺図による洛中惣構の復原と解体過程等の研究
長谷川歴史・文化・交流の家 中川 聰七郎

→2014年度採択課題

→2016年度採択課題

→2017年度採択課題

共同研究プロジェクトの活動支援内容