ARCの紹介
  1. HOME
  2. 研究活動
  3. 日本文化資源デジタル・アーカイブ研究拠点
  4. デジタル・アーカイブ支援

デジタル・アーカイブ支援/概要

 アート・リサーチセンターでは、国内だけでなく、ヨーロッパとアメリカを中心として、世界各国の日本文化財をデジタル化し、それぞれの所蔵機関に納めてきました。本拠手では、本拠点が培ってきたデジタル化・アーカイブ技術やノウハウにより、組織、機関、個人が所蔵するさまざまな文化資源を、効率よくデジタル化ならびにDB化します。
 本拠点のデジタル・アーカイブの目的は、学術研究であり、利益を追求の必要がないため、作業実費のみでデジタル化ならびにDB化、さらには、WEB公開が可能となります。

これまでの実績
国内
  • 日本大学総合学術情報センター
  • 国立音楽大学図書館竹内道敬文庫
  • 舞鶴市教育委員会糸井文庫
  • 大阪城天守閣南木コレクション
  • 上方浮世絵館
海外
  • 英国 大英博物館
  • 米国 ボストン美術館
  • ドイツ ハンブルグ工芸博物館、ベルリン東洋美術館、ドレスデン州立博物館
  • ギリシャ コルフ東洋美術館
  • チェコ プラハ国立美術館、国立ナープルステク博物館
  • オランダ ライデン民族学博物館
  • イタリア ヴェネチア東洋美術館、キォッソーネ東洋美術館、サレジオ大学マレガ文庫

など

共同研究プロジェクトの活動支援内容