真蛇

提供: ArtWiki
2021年12月7日 (火) 18:56時点におけるWikiSysop (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

しんじゃ


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

のうめん「能面」の項を見よ。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


金泥を以て彩色し、眼と角と歯には光る金具を篏める、般若と同じ骨法であるが、般若が未だ女性の影を曳くに対し、之は全く鬼となり、すべてが強く重厚である、この面を著る曲は現今殆ど例に乏しく先づ『道成寺』の鬼を第一とすべきであらう、又『現在七面』及『江島』(江の島)の竜蛇などには用に堪へやうが大にシテの技倆をも要すべき面である。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)