安鎮曼荼羅

提供: ArtWiki
2021年12月7日 (火) 19:10時点におけるWikiSysop (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

あんちんまんだら


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

中央に二臂黄色の不動明王を安じ、周囲に四臂青色の不動明王を置き、外囲に八方の天神を画いたもの、不動明王の内徳を開いて家宅の安穏なるを示したもの、昔朝廷では安鎮国家法といつて息災を祈るため、不動明王を本尊として祈願する修法が行はれたが、その時には此の安鎮曼荼羅を掛け用ゐたものといふ。  (仏教大辞彙)

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)